6月 13

脱毛以外の効果について

エステサロンで主流となっている光脱毛には、脱毛以外の効果が期待できます。ただし使用する機械により期待できる効果は異なります。光脱毛の機械に期待できる効果というのは、脱毛以外に、肌内部のコラーゲン生成をサポートするという効果です。エステサロンで脱毛以外に、痩身やフェイシャルなどをしている総合エステティックサロンでは、フェイシャルにも光脱毛と同じような光を使います。これは光を照射する事で、肌内部のコラーゲン生成を活性化させる効果が期待できるからです。

エステサロンで光脱毛をするメリットとして、仕上がりがキレイというのもありますが、これは顔だけでなく、全身の肌に言える事です。自己処理で長い間毛抜きやシェーバーを使っていた人は、毛穴や肌にかける負担が大きくなるため、毛穴がボツボツと目立ってくるとか、埋没毛が増えるというトラブルが起きます。少しでも雑菌が入れば、ニキビや毛嚢炎引き起こす可能性もあり、見た目も汚くなってしまいます。

カミソリで肌の産毛を処理すると、カミソリ負けをしたり、肌を傷つけてしまったりすることがあります。また、毛抜きで処理をしても、埋没毛(毛が皮膚内で成長してしまったもの)や、毛嚢炎(細菌感染症の一種)を引き起こす可能性があります。
サロンで顔脱毛をすれば、こういった自己処理のリスクを回避することができます。

こういう人でも途中からエステサロンに行って光脱毛を続けると、肌がキレイになるのは、光に含まれる美肌効果により、コラーゲン生成が活性化され、ターンオーバーが正常になった可能性が考えられます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

6月 09

全身脱毛にも対応

光脱毛は全身脱毛にも対応できるようになっています。以前は光脱毛では対応できない部位があったのですが、機械の進歩により性能が向上しているため、全身脱毛も可能となっています。

ただし使用する機械によって、対応できる部位は異なりますので、どこまで対応できるかは事前に確認しておきましょう。またエステサロンによっては、全身脱毛というコースがあっても対応部位が異なります。これはエステサロンによっても違いはありますから、こちらも申し込む前に確認が必要です。

全身脱毛コースとなっていても、サロンによっては、VIOラインが含まれない事があります。この場合はVIOライン込みのコースに変更するか、サロン自体がVIOラインの脱毛をしていない場合は、他で施術しなければいけません。こういう時は、全身脱毛専門のサロンがおすすめです。

エステサロンなら光脱毛を採用していますし、全身脱毛専門店のほとんどはVIOラインも込みで全身脱毛としています。全身脱毛専門店なら、費用も意外とお得ですし、顔から足まで360度脱毛が可能です。

全身脱毛は部分的な脱毛に比べて完了までの期間も長くなります。これも個人はありますが、平均でも1年近くかかりますので、希望通り予約が取れるところを選びましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

6月 08

光脱毛のメリットとデメリット

エステサロンで行われている光脱毛には、メリットもありますが、デメリットになってしまう事もあります。光脱毛のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

光脱毛のメリットは、痛みがなく、自己処理のように肌や毛穴に負担をかける心配がないところです。サロンに行き、横になっているだけで、エステティシャンに施術をしてもらえますし、施術時にはスキンケア効果のあるローションを使ったり、施術後のクールダウンやスキンケアをしたりしてもらう事もできます。

エステサロンの脱毛は高いというイメージがありますが、今は昔に比べて費用も安くなっていて、キャンペーンなどを利用すれば手軽に脱毛ができます。光脱毛の機械にも種類がありますが、最新の機械は光を照射しながら、同時に冷却を行う事で、施術後のクールダウンが不要となっています。また肌の負担を軽減するためのローションも不要となっており、光を照射する事で、肌内部のコラーゲン生成を促す効果が期待できるものなども登場しています。

デメリットについては、人により効果に個人差がある事です。また施術するエステティシャンの技量によっても効果は変わってきます。このため、エステサロンを選ぶ時は、信頼と実績があるところを選びましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

6月 07

光脱毛とは?

光脱毛というのは、エステサロンや、脱毛専門サロンで使われている方法です。光脱毛の仕組みや効果について説明します。

光と言ってもカメラのフラッシュのような光です。メラニン色素だけに作用するようにしている特殊な光を照射する事で、肌には負担をかけずに、肌の奥にある毛根に作用します。機械による違いもありますが部位により、毛質は異なります。硬く太く密集している部分には、光の照射レベルを上げる事で対処できますが、肌に優しい光でも、レベルを上げると刺激は強くなるので、人によっては痛みを感じる事があります。

痛みについては個人差ですが、殆どの場合痛みはなく、感じても輪ゴムで弾かれた程度です。肌には作用しませんが、日焼けをしていると、メラニン色素が増えるので、その状態で施術をすると火傷のリスクが高まるので、日焼けしている肌には施術ができません。このため予約をしていても、施術当日日焼けをして肌が黒くなってしまうと、施術を断られてしまいます。

1回の施術ではその時に生えている毛しか処理できないため、もう周期に合わせて数回通わなければいけません。これはどんな人でも同じです。ただし回数に関しては、毛の量、濃さ、毛質によって多少の違いはあります。比較的範囲が狭く、料金もリーズナブルな事から人気があるワキ脱毛でも、平均で6回くらい通います。施術を繰り返していくほどに効果を実感できるようになり、自己処理の回数も減って行きます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket